4章5:嵐の前触れ


I had been now thirteen days on shore, and had been eleven times on board the ship, in which time I had brought away all that one pair of hands could well be supposed capable to bring; though I believe verily, had the calm weather held, I should have brought away the whole ship, piece by piece.
私が上陸してから既に13日が過ぎ、船の中には11回も通い、その間にこの両手で抱えて運べる物は全て運んできたと言っていいが;もし穏やかな天気がずっと続いていたら、私はきっと船そのものだって、バラバラにして運んで来たに違いないのだ。

But preparing the twelfth time to go on board, I found the wind began to rise: however, at low water I went on board, and though I thought I had rummaged the cabin so effectually that nothing more could be found,
しかし12回目の船行きの準備をしていると、風が吹き始めたのに気付いたが:それでも水位が下がると船まで出かけた、そしてとても重要なキャビン(船室)は隈なく探し回ったのでもう何も見つからないと思っていた、




yet I discovered a locker with drawers in it, in one of which I found two or three razors, and one pair of large scissors, with some ten or a dozen of good knives and forks:
それにもかかわらずそこで引出しの付いた戸棚を発見し、その(引出しの)一つには2~3本の剃刀(カミソリ)を見つけ、それに大きな鋏(ハサミ)が一つ、そして10~12本の上等なナイフとフォークがあり:

in another I found about thirty-six pounds value in money - some European coin, some Brazil, some pieces of eight, some gold, and some silver.
別の(引出し)にはおよそ36ポンドの価値がありそうな金(かね) ― それは幾らかのヨーロッパのコインと、ブラジルの(硬貨)と、(スペインの)8レアル銀貨などで、幾らかの金貨と銀貨もあった。

pieces of eight (8レアル銀貨)
※ 貨幣の価値は時代と共に変化するので難しいですが、当時のポンドは現在の80倍くらいの価値があったということで、それに2010年現在のレート(1ポンド≒135円)で計算してみると、1ポンド=約1万円くらいと考えれば大まかな値打ちが分るかと思います。




I smiled to myself at the sight of this money:
これらの金を見ると、私は笑わざるを得なかった:

"O drug!" said I, aloud, "what art thou good for? Thou art not worth to me - no, not the taking off the ground; one of those knives is worth all this heap; I have no manner of use for thee - e'en (even) remain where thou art, and go to the bottom as a creature whose life is not worth saying."
「おぉ、麻薬(ドラッグ)め!」と私は声に出して言った、「お前は何の役に立つ?私には何の価値も無いのだ ― 拾い上げる値打ちすらない;この中のナイフ1本の方がお前ら全てよりも価値がある;ここではお前の使い道も無いのだ ― このままここに残っていて、そして救うだけの値打ちも無い物として海の底へと沈むがいい」

However, upon second thoughts I took it away; and wrapping all this in a piece of canvas, I began to think of making another raft; but while I was preparing this, I found the sky overcast, and the wind began to rise, and in a quarter of an hour it blew a fresh gale from the shore.
しかしながら、良く考えてそれは持って行くことにして;それを全部キャンバス(帆布)の切れ地で包むと、私はまた別の筏を作ろうと思い立ち、それを用意していた時に、空一面に雲が広がって、風も吹き始め、ものの15分もすると陸の方から新たに強い風が吹いてきた。

It presently occurred to me that it was in vain to pretend to make a raft with the wind offshore; and that it was my business to be gone before the tide of flood began, otherwise I might not be able to reach the shore at all.
やがて私の胸に浮かんだことは、風が浜側から吹いて来るのに筏を作ろうとするのは無駄だということで;今の私がすべきことは潮が満ちてくる前にここから立ち去ることであり、さもないと浜にたどり着くことすらできなくなるということだった。

Accordingly, I let myself down into the water, and swam across the channel, which lay between the ship and the sands, and even that with difficulty enough, partly with the weight of the things I had about me, and partly the roughness of the water;
それゆえ、私は水の中に飛び込むと、船と砂浜との間に横たわる瀬戸(小さな海峡)を泳いで渡ったのだが、それだけでも充分大変なことなのに、その上に私が手に入れた様々な品物の重さが加わっていた訳で、その何割かは波の荒さも手伝っていたのだ;

for the wind rose very hastily, and before it was quite high water it blew a storm.
それから風が急速に強まり、そしてすっかり満潮になる前に暴風雨がやって来た。

But I had got home to my little tent, where I lay, with all my wealth about me, very secure.
しかし私は既に自分の小さなテントに戻っていて、自分の全資産と共に、安全に横になっていたのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿